【高麗郡情報】祭ときもの・・・江戸の美意識を探る さいたま絹文化フォーラム VOL.5 3/8(日)

【高麗郡情報】祭ときもの・・・江戸の美意識を探る さいたま絹文化フォーラム VOL.5 3/8(日)

さいたま絹文化フォーラム VOL.5

今に伝わる江戸の美意識を探る

~江戸天下祭・きもの~

 

江戸と武州をつなぐ絹のみちは、秩父や川越の祭りを華やかなものにし、歌舞伎や江戸文化などをもたらしました。今でも秩父祭には屋台で歌舞伎が演じられ、川越の蔵造りの町並みは、かつての日本橋の面影を残すといわれます。江戸総鎮守の神田明神にて「江戸天下祭」と武州のつながりに思いをはせ、現在のきものに伝わる「江戸」を感じる機会としたいと思います。

<講演>

講演① 「江戸天下祭の昔と今 ~神田祭を中心に~」

講師:岸川雅範氏(神田明神 権禰宜)

講演② 「江戸のきもの ~受け継ぐ美とこころ~」

講師:道明三保子氏(文化学園大学名誉教授)

<交流会>

日本髪実演(日本髪研究会家・関場明子氏)・道明組紐展示

 

日 時:2020年3月8日(日)

13:00~16:20(開場12:30)

会 場:神田明神 祭務所地下 参集所

(東京都千代田区外神田2-16-2)

定 員:100名(事前申込制・定員になり次第締切)

参加費:一般500円 さいたま絹文化研究会会員無料
※当日入会可(参加費無料・年会費1,000円)

申し込み:FAX及びe-mailにてお申し込みください。
申込期間:会員・2月1日より/一般2月4日より

FAX:049-277-8491(氷川会館社務所)
E-mail:shamusho@hikawa.or.jp

更に詳しい情報は・・・

さいたま絹文化研究会ホームページはこちら・・・https://saitama-silk.jimdofree.com/

チラシ(PDF版)はこちら・・・さいたま絹文化フォーラム・チラシ(PDF版)

主 催:さいたま絹文化研究会

※秩父神社・高麗神社・川越氷川神社による文化団体です。NPO川越きもの散歩・(一社)高麗1300が協力しています。

協 力:江戸総鎮守神田明神

問合せ先:さいたま絹文化研究会 事務局(川越氷川神社社務所)

FAX:049-277-8491 TEL:049-224-0589