【高麗郡情報】群馬県民30名限定開催へ 歴史文化講演会(高崎市) 第4回:<1部>東方へ移動した中国系知識人と倭王権/<2部>東日本最大の太田天神山古墳を探る 開催 11/29(日)

【高麗郡情報】群馬県民30名限定開催へ 歴史文化講演会(高崎市) 第4回:<1部>東方へ移動した中国系知識人と倭王権/<2部>東日本最大の太田天神山古墳を探る 開催 11/29(日)

今回ようやく開催となりますが、新型コロナウイルス感染防止対策のため、定員30名(群馬県民限定)となりました。誠に残念ですが、群馬県民以外の方は当日出向いても入れませんのでご注意ください。

歴史文化講演会・・・先人の歴史に思いを馳せ学んでみてはいかがですか?

講演会場:㈱ヤマダ電機LABI1 LIFE SELECT高崎4階

イベントスペースLABI GATE(高崎市栄町1-1)

時  間:13:30~16:00
参  加  費:600円
定  員:先着30人(群馬県民限定)
主  催: 群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会

(実施:歴史と文化を学ぶ会)

協  力:㈱ヤマダ電機
問合せ先:090-6943-8510(結城さん)  

※新型コロナウイルス感染状況により、延期や内容を変更する場合があります。予めご了承ください。   

令和2年度文化庁文化芸術振興費補助金
(地域文化財総合活用推進事業)

下記のスケジュールをご覧になり、ご参加ください。
参加申込みは不要です。講演会当日直接会場へお越しください。

第1回  2020年5月17日(日) <中止>

演題:東日本最大の太田天神山古墳を探る

講師:右島和夫氏8群馬県立歴史博物館館長)

⇒同講演は、11月29日(日)に開催決定しました。

第2回  2020年7月5日(日) <中止>

<1部> 演題:日本最大の前方後円墳 仁徳天皇陵

~その調査成果と政界遺産登録の意義~

  講師:徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課 陵墓調査官)

<2部> 講師による対談(16:00~16:30)

徳田誠志氏・右島和夫氏(群馬県立歴史博物館館長)

第3回  2020年9月27日(日) <延期>

<1部> 演題:日本最大の前方後円墳 仁徳天皇陵

~その調査成果と政界遺産登録の意義~

  講師:徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課 陵墓調査官)  ⇒第5回へ

★徳田先生の講演終了後、徳田誠志先生、右島和夫先生、飯塚聡先生の三者による小シンポジウムが行われます。

<2部> 演題:古代寺院の造営と東国の仏教 ~中央の諸大寺と地方寺院~

  講師:飯塚 聡氏(群馬県立吉井高等学校教頭)  ⇒第6回へ

第4回  2020年11月29日(日) ※2部として右島先生の講演が入りました。

<1部>演題:東方へ移動した中国系知識人と倭王権

~漢字文化を伝えた人々とその行方~

 講師:田中史生氏(早稲田大学文学学術院教授)

<2部>演題:東日本最大の太田天神山古墳を探る

 講師:右島和夫氏(群馬県立歴史博物館館長)

第5回  2021年1月24日(日) ※第3回延期分の講演・対談が入ります

<1部>演題:日本最大の前方後円墳 仁徳天皇陵

~その調査成果と政界遺産登録の意義~

 講師:徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課 陵墓調査官)

<2部>演題:蝦夷と呼ばれた人々と群馬の古代

 講師:深澤敦仁氏(群馬県立歴史博物館学芸係長)

<3部>講師による対談

徳田誠志氏・深澤敦仁氏

右島和夫氏(コーディネーター)

第6回  2020年3月7日(日) ※内容が一部変更になりました

<1部>演題:遺跡からみた上野国分寺と尼寺

 講師:須田 勉氏(元国士舘大学教授)

※日本高麗浪漫学会会長

<2部>演題:古代寺院の造営と東国の仏教 ~中央の諸大寺と地方寺院~

 講師:飯塚 聡氏(群馬県立吉井高等学校教頭)

 

リーフレット(PDF)は、こちらから・・・2020年度歴史講演会リーフレット

※「歴史と文化を学ぶ会」は、2011年に多胡郡建郡1300年記念事業に携わった民間団体で、記念事業が終えた今も
歴史講演会等の活動を行っています。

歴史と文化を学ぶ会のホームページをぜひご覧ください⇒⇒⇒歴史と文化を学ぶ会HP