1300年前、日本に移り住んだ高句麗人

霊亀2年(716年)、武蔵国に高麗郡(こまぐん)が置かれました。高麗とは、かつて朝鮮半島中北部から中国東北部を領有した高句麗(こうくり)を指します。
高句麗滅亡前後、多くの高句麗人が日本に移り住みました。
『続日本紀(しょくにほんぎ)』によれば、高麗郡建郡当初、東国7ヶ国に住む高麗人1799人が武蔵国に移住したとあります。高麗郡は初め、現在の日高市と飯能市あたりにおかれましたが、高麗郡が廃止された1896年(明治29年)には、鶴ヶ島市を始め、川越市、狭山市、入間市の一部を含む広域にわたっていました。

2016年(平成28年)、高麗郡建郡から1300年を迎えました。

高麗郡の廃止から120年余り、私たちはこれまで語られることの少なかった歴史を掘り起こし、それを軸とした地域間連携による「まちおこし」に取り組むとともに、国際交流を通じて世界に平和と友好のメッセージを届けていきたいと思います。

高麗1300オリジナル書籍・グッズ
高麗の郷ブランド

イベントカレンダー

*印は高麗1300主催(共催含む)のイベントです。
イベント一覧へ ▶︎
 名称日時会場
主催:歴史と文化を学ぶ会(高崎市) 歴史講演会 第5回 「上野国の神々」2018年2月4日(日)13:30~16:00㈱ヤマダ電機LABI1高崎4階(高崎市栄町1-1)
*共催日本高麗浪漫学会 第2回高麗のふるさと歴史ウオーク(再)古代窯跡を訪ねるー東金子窯跡群編ー2018年2月17日(土)8:30受付/9:00~15:30入間市内(加治丘陵~入間市博物館)
*共催日本高麗浪漫学会高麗郡中世歴史講演会 講師:櫻井 彦(さくらいよしお)先生2018年3月24日(土)13:30~16:30日高市生涯学習センター 2F視聴覚室
*共催日本高麗浪漫学会第3回高麗のふるさと歴史ウオーク 東山道武蔵道を訪ねてー霞ケ関遺跡と勝呂廃寺―2018年3月25日(日)9:00~15:00東武東上線「霞ヶ関駅」~「北坂戸駅」(約13㎞)

トピックス