1300年前、日本に移り住んだ高句麗人

霊亀2年(716年)、武蔵国に高麗郡(こまぐん)が置かれました。高麗とは、かつて朝鮮半島中北部から中国東北部を領有した高句麗(こうくり)を指します。
高句麗滅亡前後、多くの高句麗人が日本に移り住みました。
『続日本紀(しょくにほんぎ)』によれば、高麗郡建郡当初、東国7ヶ国に住む高麗人1799人が武蔵国に移住したとあります。高麗郡は初め、現在の日高市と飯能市あたりにおかれましたが、高麗郡が廃止された1896年(明治29年)には、鶴ヶ島市を始め、川越市、狭山市、入間市の一部を含む広域にわたっていました。

2016年(平成28年)、高麗郡建郡から1300年を迎えます。

高麗郡の廃止から120年余り、私たちはこれまで語られることの少なかった歴史を掘り起こし、それを軸とした地域間連携による「まちおこし」に取り組むとともに、国際交流を通じて世界に平和と友好のメッセージを届けていきたいと思います。

イベントカレンダー

*印は高麗1300主催(共催含む)のイベントです。
イベント一覧へ ▶︎
 名称日時会場
開催中! 飯能市郷土館特別展「高麗人集結」2016年10月9日(日)~12月4日(日)飯能市郷土館(飯能市飯能258-1)
*入場無料・申込み不要・先着600名 プレ講演会「高麗郡1300年大学」みんなで学ぼう渡来から未来へ2016年12月4日(日)13:30~16:30日高市文化体育館「ひだかアリーナ」(JR高麗川駅間シャトルバス運行)
*入場無料・申込み不要・先着800名 第4回高麗郡建郡1300年歴史シンポジウム2016年12月18日(日)13:00~16:30日高市文化体育館「ひだかアリーナ」(JR高麗川駅間シャトルバス運行)

トピックス