1300年前、日本に移り住んだ高句麗人

霊亀2年(716年)、武蔵国に高麗郡(こまぐん)が置かれました。高麗とは、かつて朝鮮半島中北部から中国東北部を領有した高句麗(こうくり)を指します。
高句麗滅亡前後、多くの高句麗人が日本に移り住みました。
『続日本紀(しょくにほんぎ)』によれば、高麗郡建郡当初、東国7ヶ国に住む高麗人1799人が武蔵国に移住したとあります。高麗郡は初め、現在の日高市と飯能市あたりにおかれましたが、高麗郡が廃止された1896年(明治29年)には、鶴ヶ島市を始め、川越市、狭山市、入間市の一部を含む広域にわたっていました。

2016年(平成28年)、高麗郡建郡から1300年を迎えました。

高麗郡の廃止から120年余り、私たちはこれまで語られることの少なかった歴史を掘り起こし、それを軸とした地域間連携による「まちおこし」に取り組むとともに、国際交流を通じて世界に平和と友好のメッセージを届けていきたいと思います。

高麗1300オリジナル書籍・グッズ
高麗の郷ブランド

イベントカレンダー

*印は高麗1300主催(共催含む)のイベントです。
 名称日時会場
<<お知らせ>>新型コロナウイルス感染拡大防止に留意しながら、イベントを開催いたします。参加される際には、感染拡大防止対策へのご協力をお願いいたします。感染拡大状況により、中止または延期となる場合がありあります。当会主催イベント以外の詳細については、各主催者へご確認ください。
******************************************
<参加募集締切>*共催:日本高麗浪漫学会/募集人数30人(事前申込のみ)第9回高麗のふるさと歴史ウオーク 古代窯跡を訪ねて ー南比企窯跡群編ー2020年10月25日(日)9:00~16:00 集合:東武東上線「高坂駅西口」/解散:JR八高線・東武越生線「越生駅」訪問地:鳩山町多世代活動交流センター・赤沼古代瓦窯跡・石田国分寺瓦窯跡・新沼窯跡ほか<約14.4km>
主催:多胡碑記念館/入場無料上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録三周年記念 金井沢碑の遺産 ~古代豪族と仏教~2020年10月28日(水)~12月6日(日)9:30~17:00(入館は16:30まで)/休館日:月曜日(ただし11月23日開館、翌24日休館)多胡碑記念館 群馬県高崎市吉井町池1085/℡027-387-4928
主催:群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会(実施:歴史と文化を学ぶ会)/300人(申込み不要・当日会場へ)/参 加 費:300円歴史文化講演会(高崎市) 第4回:<1部>東方へ移動した中国系知識人と倭王権/<2部>東日本最大の太田天神山古墳を探る2020年11月29日(日)13:30~16:00㈱ヤマダ電機LABI1 LIFE SELECT高崎4階イベントスペースLABI GATE(高崎市栄町1-1)
<開催中止>*共催:日本高麗浪漫学会第8回高麗郡建郡歴史シンポジウム「日本の渡来文化と新羅との関係を探る!」2020年12月6日(日)13:00~16:40日高市生涯学センター2階『視聴覚室』
******************************************
<開催延期>*
購入済みチケットはそのままで!
/払い戻しも受付中
高麗郡建郡ものがたり 開運ミュージカル「つむぐこまひと」<再演!>2020年5月24日(日)開催延期⇒2021年5月23日(日)開場16:30/開演17:30 自由席・雨天決行高麗神社神楽殿(日高市新堀833) ※チケット払い戻しは高麗神社社務所まで

トピックス