【7月講座・受講者募集中!】高麗郡建郡をより深く知る! 日本高麗浪漫学会による 2021年度・高麗郡歴史講座 開講

【7月講座・受講者募集中!】高麗郡建郡をより深く知る! 日本高麗浪漫学会による 2021年度・高麗郡歴史講座 開講

7月講座、9月講座、10月講座 受講者若干名募集中

POINT・・・7月講座は、「第7回高麗郡公開歴史講演会」と合わせて受講をお薦めいたします。7月3日の講座は予習にピッタリです。史料から高麗郡や新羅郡の建郡のナゾを読み解きます。

 高麗1300・日本高麗浪漫学会では、高麗郡建郡に関する研究を中心に、百済郡や新羅郡などを含め、更には古代東アジアの渡来文化研究をテーマに広く活動を続けております。

 今年度は、より身近に歴史を感じ、親しんでもらおうと『高麗郡歴史講座』全4講座企画しました。講師は日本高麗浪漫学会研究員が務めます。古代の歴史に親しみ、講演会とは一味違った充実した時間を過ごしませんか?

   ********************************

会 場: 高麗神社 参集殿2階大広間(日高市新堀833)
時 間: 13:30~15:30
募集人数:各講座30人(事前申込み・先着順)
受講料: 一講座につき 会員1,000円/一般2,000円(資料代等)
申込方法: E-mailまたは電話で、受講希望講座名、氏名、住所、電話番号をお知らせください。
※当会へ入会されますと、会員価格で受講できます。歴史に興味のある方でしたら、どなたでも入会できます。
詳しくは、本ホームページの「会員募集」ページをご覧ください。http://komagun.jp/member

ご注意:講座は全4講座(6月、7月、9月、10月)で、それぞれ2回(2日)で一講座となっております。お申し込みの際には「6月講座」「7月講座」「9月講座」「10月講座」とお申し出ください。

※コロナ感染状況により、中止する場合があります。
※受講の際には、感染対策(マスク着用・手指消毒・換気等)にご協力下さい。

<講座内容>

六月講座<6/12㊏・26㊏>・・・講師:須田勉(日本高麗浪漫学会会長・元国士舘大学教授)

※受講者受付は終了しました。

「飛鳥寺の造営と高句麗」 1回目は、飛鳥寺(奈良県)の発掘調査からわかる遺構や遺物の分析をもとに、造営した蘇我馬子の外交政策について考えます。
「高麗寺の造営と高句麗」 2回目は、高麗寺(京都府)がいつ、だれが、どのような目的で建立したのか、出土した軒丸瓦の分析から考えます。

飛鳥寺本堂(奈良県明日香村)

七月講座<7/3㊏・17㊏>・・・講師:中野高行(日本高麗浪漫学会副会長・慶応大学講師)
 1回目「新羅郡建郡について」は、新羅郡建郡関連史料から、翌週11日㊐に開催される「公開歴史講演会(田中史生先生)」の予習をします。
 2回目「高麗郡建郡について」は、高麗郡建郡の関連史料を講読します。

高麗郡建郡が記された続日本紀(高麗神社記念碑)

九月講座<9/4㊏・11㊏>・・・講師:富元久美子(日本高麗浪漫学会研究員・飯能市教育委員会専門調査員)
「高麗郡研究の一視点」 これまで発掘調査で得られた様々なデータを解釈して、シンポジウムなどで発表してきました。今回は、その過程での作業を一緒に追体験して頂き、新たな解釈や今後の展望について考えていきます。

張摩久保遺跡(歴史ウオークより)

十月講座<10/23㊏・30㊏>・・・講師:加藤恭朗(日本高麗浪漫学会研究員・元坂戸市歴史民俗資料館館長)
「入間郡の遺跡からみた高麗郡建郡」 高麗郡は、入間郡の空閑地を利用して開発されたと言われています。東山道武蔵路や勝呂廃寺、南比企窯跡群や若葉台遺跡など、建郡前後に存在した遺跡がどのように係わっていたのかを、遺構・遺物から考えていきます。

勝呂廃寺跡(坂戸市)

主 催:高麗1300・日本高麗浪漫学会
後 援:日高市教育委員会
協 力:高麗神社

申込み・問合せ先: 高麗1300事務局
       E-mail: info@komagun.jp
       電話:042-978-7432(不在の場合あり)