【イベント】間もなく締切り! 第8回高麗郡建郡歴史シンポジウム『日本古代の新羅系移住民と在地社会!』 開催日:12月5日(日)

【イベント】間もなく締切り! 第8回高麗郡建郡歴史シンポジウム『日本古代の新羅系移住民と在地社会!』 開催日:12月5日(日)

このページの『申込みボタン』から手続きできます。

好評につき、受付枠増やしましたが、残りあと僅かです。お早めにお申し込みください。なお、事前申込みされずに当日お越しになった場合は、お入りいただけない場合があります。何卒ご了承ください。

第8回高麗郡建郡歴史シンポジウム

日本古代の新羅系移住民と在地社会!

<お知らせ:11月8日> 都合により、酒寄雅志先生(國學院大學栃木短期大学教授)の講演等がなくなりました。何卒ご了承ください。

主 催 : 高麗1300/日本高麗浪漫学会
後 援 : 日高市教育委員会
企 画 : 日本高麗浪漫学会企画運営委員会

2013年から開催してきた「高麗郡建郡歴史シンポジウム」。高麗郡建郡の背景をより深く理解していきたいと、百済郡(2018年開催・早稲田大学)や新羅郡(2019年開催)について考察を重ねてきました。
 そして2021年はさらに視点を広げ、当時の日本における新羅の影響について重点を置き、「古代新羅の日本への影響の実態について」論議します。

日 時 : 2021年12月5日(日) 13:00~16:40(開場12:30)

会 場 : 日高市総合福祉センター「高麗の郷」1F研修室

      ※参加の際には、体温チェック、マスク着用、手指消毒等にご協力ください。

定 員 : 70人(申込み先着順)
参加費 : 一般1,000円/高麗1300会員500円
     (当日受付にてお支払いください。釣銭の無いよう願います)

申 込 み : 下記申込みボタンから手続きしてください。

<プログラム>

※ 酒寄先生の講演中止に伴いプログラムを変更いたします。

12:30  受付開始
13:00  開会挨拶
       総合司会 中野高行(日本高麗浪漫学会副会長・慶應義塾大学講師)
13:15  講演Ⅰ 「古代下野国における新羅系文化」<考古>
         講師:山口耕一(栃木県下野市教育委員会文化財課長)
14:15  講演Ⅱ 「那須国造碑と地域支配の動向」<考古>
         講師:眞保昌弘(国士舘大学文学部教授)

15:15  休憩

15:30  パネルディスカッション「日本古代の新羅系移住民と在地社会!」

     パネラー 山口耕一/眞保昌弘
     コーディネーター 須田 勉(日本高麗浪漫学会会長・元国士舘大学教授)
     コメンテーター  柿沼亮介(日本高麗浪漫学会研究員・早稲田大学高等学院教諭)

16:30  まとめ(コーディネーター)/閉会あいさつ

<講師紹介>

★チラシを印刷・ダウンロードする場合はPDF版をご利用ください。

<過去の歴史シンポジウム>

  ※2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大により開催しておりません。

第7回高麗郡建郡歴史シンポジウム(2019年12月)
第6回高麗郡歴史シンポジウム(2018年12月)
第5回高麗郡建郡歴史シンポジウム(2017年12月)